FXでサラリーマン脱出計画

FXでサラリーマン脱出したい30代の男です…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新聞業界は今が大変??・

新聞って今は売れないでしょうね。

新聞業界もこの不況の影響を受けて業績は右下がりを
たどっているようです。

この前に、朝刊から焼肉通販が紹介されていました。

しかしこの業界、実は社員の給与が高給が普通なのだそうです。
朝日新聞社は4年以上減収が続き、赤字に転落しているにも関わらず
社員の平均年収は1337万円、日本経済新聞社は3年連続減収ですが、
1284万円と国内の全業界を合わせてもトップレベルを維持しています。

あと、新聞のチラシによく電子タバコが入っていますね。

一般的に知られている読売新聞は社員の平均年収については非公開らしいですが、
部数では1000万部を突破しているし、全国紙であることからも
他の新聞社の年収と同等かそれ以上と考えて良いでしょう。

赤字なのに社員は全員高給取り 変わりたくても変われない新聞業界の「高コスト体質」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100124-00000000-sh_mon-bus_all

参考:ジェルパッド

どの新聞社も高コスト体質からの脱却を試みて、
まずは給与体系の変更を試そうとするそうですが、
その影響をモロに受けるのは新入社員と派遣社員というのは
わかりきったことなのですが、それだけでは現状を打開することは
難しいのが現実です。

新聞業界もビジネスモデルの転換を図らなくてはいけない時期に
来ているのは確かなのですが、各社が提案する改革とは
どのような改革案が出てくるのか行く末を見守りたいと思います。

なかなか新聞を読むよりニュースを見ますからね。
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ - ジャンル:日記

  1. 2010/01/26(火) 09:47:27|
  2. 日記

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。